オーダースーツ 大阪 Insolito(オーダースーツ専門店)中央区北浜

取り扱いブランド / オーダースーツ 大阪 Insolito

大阪府大阪市中央区北浜東1番17号 野村ビル6階南号室
※ 天満橋駅より徒歩5分

Tel.06-6940-4230
  ブランド




ARISTON(イタリア)

1920年、フェルディナンド・インパラート によって創設され、
現在もナポリを代表する名門として知られるブランドです。

ナポリマーチャントならではのファッション性、
嗜好性の高い服地の数々は5-6冊のバンチサンプルで展開され、
毎シーズン全てのサンプルがリニューアル。
そして、ファンシーデザインは全て同社のオリジナルと、突出した独自性を誇ります。

アリストンの生地はそのクオリティーの高さゆえ、
キートン、ブリオーニ、イザイアなどの高級メンズブランドにも採用されてきました。
 



VITALEBARMERISCANONICO(イタリア)

1936年創業のウール織物で有名なイタリア北西部のビエラ地区の中でも
名門の機織メーカーで高品質の高級ウールを主に産出する。
イタリアの一流ブランドとして世界的に有名で、
バーバリーやアルマーニ、ラルフローレンといった
多くのアパレルに生地を提供しています。

原毛をオーストラリアより直輸入し、最新鋭の紡績機械・織機を使い、
糸の紡績から生地までを一貫して生産している。
高品質でコストパフォーマンスに優れた商品は
世界各国で高い評価を得ています。
生地の特徴としては、軽くて、柔らかく、発色の良さがあります。
 



Ermenegildo Zegna(イタリア)

創業は1910年、北イタリアでテキスタイルメーカーとしてスタート。

デザインのポリシーは
「最高の素材は優れたデザインを、最高のデザインは優れた素材を求める」。

スーツ以外でも、ジャケットからスポーツウェアまで、
それぞれの製品は世界で高い評価を得ています。
また、業界で初めて服地の耳にブランドネームを
織り込んで品質を保障したのもゼニアとなります。
 



Loro Piana(イタリア)

1924年にピエトロ・ロロ・ピアーナ(Pietro Loro Piana)が創業。

Ermenegildo Zegna、FRATELLI TALLIA DI DELFINOと並ぶ世界3大ミル(織元メーカー)。
ノーブルで上品な色気のある柄、生地の風合いも柔らかく気品があります。
 



FRATELLI TALLIA DI DELFINO(イタリア)

1903年にイタリアのストローナにおいてガルディア・タリアが創業。
日本での知名度はまだ高くありませんが
Ermenegildo Zegna、LoroPianaと並び世界3大ミルと称され、
著名人やアパレル関係者からは高い評価を得ています。

Super120's Super150'sウール、シルク、カシミアなど
高級梳毛・紡績織物を得意としています。
 



BATEMANOGDEN(イギリス)

1881年創業時より英国ならではの時代に流されない
正統派のモノづくりを続けてきたベイトマンオグデン社。

戦前・戦中・戦後といくつもの時代をくぐり抜けてきた同社は、
紆余曲折を経て現経営陣によりかつてないグローバルな展開を広げることに成功。
2015年より本格的に日本での展開もスタートし、
今では英国生地のスタンダードとしての地位を確立しつつあります。
 



DUGDALEBROS&CO(イギリス)

1896年に創業されたダグデールブラザーズは、
伝統的な英国らしい生地コレクションを
取り揃えるマーチャント(生地商社)として知られてきました。

古くよりサヴィルロウのテーラーはもちろんプレタ・ポルテにも
採用され数多くの作品がダグデール社の生地を使用して作られています。
その後ダグデール家からチャーノック家へと所有者がかわましたが、
創業より受け継がれる伝統的なものづくりへの拘りだけは今も受け継がれています。
 



DORMEUIL(イギリス)

1842年にジュールズ・ドーメルがイギリスから
毛織物を輸入してフランス国内で販売することから始まった、
現存する世界最古の服地マーチャント(商社)です。

ファッショントレンドに対応しながら生地を調達し、
ブランド化して世界に発信し続けています。

ドーメルの生地は、紋章に刻まれている
”domus optima domous amica (最高の品質を最高のおもてなしで)”
という言葉のとおり、イギリスのハダースフィールドにある傘下のミル工場にて、
最高品質の服地を作り続け、現在では80ケ国以上に
ドーメルの生地は供給され世界的な評価を受けています。
 



HARRISONS OF EDINBURCH(イギリス)

1863年に創業した英国の老舗服地商。

世界中の有名テーラーやオーダーサロンでは
必ずといってよいほど取り扱いのある生地ブランドです。
服地にたずさわる全てのプロが絶賛するクオリティーの高さが、
ハリソンズ オブ エジンバラの高い技術をうかがわせます。

「最上級の原毛のみが、最高級の服地を作り上げる」という哲学のもと、
ハリソンズ オブ エジンバラの生地の特徴は、
最上級品質の原毛を英国生地らしいしっかりとした打ち込みで織り上げているところ。
カスタムテーラーの間では、アイロンでのクセがつけやすく、
縫製がしやすい生地のため、仕立て映えがする服地と高い評価を受けています。