お客様の声

  1. 小玉様

    今回お客様にはメンタリストの小玉様です。

    ペーズリーのワインレッドの生地でダブルブレストでお仕立て。

    通常ではこのような光沢&織柄の生地はパーティ専用。
    しかし、小玉様は職業柄、普段のお仕事でお召しいただくという事でした。

    ご自身のこだわりを持ってらっしゃる小玉様。
    生地・裏地・ボタン共にとにかく派手にという事で難しい組み合わせが見事にマッチ。

    スーツは自身を語らず表現するアイテム。

    自分を表現するスーツを味方につけていきましょう‼

    インタビュー

  2. N様

    N様
    ネイビー ヘリンボーン スリーピース

    今回はヘリンボーンという柄生地でのお仕立て。

    ヘリン(herring)はニシン、
    ボーン(Bone)が骨、
    という意味で、
    魚の骨に似たデザイン、
    つまり
    『ニシンの骨の様なデザイン』
    というところからこのネーミングになっています。

    ヘリンボーンは一見無地に見えがちですが、
    単なるシャドーストライプではなく上品な印象です。

    落ち着きつつも『何か』をプラスして表現したい際なんかに選んでみては^ ^✨

    インタビュー

  3. 木下様

    皆さまこんにには^ ^
    インソリートの黒崎です。

    台風の前の静けさですね(^^;;
    そんな中いかがお過ごしでしょうか?

    さて、本日はお客様のオーダー事例です✨


    《木下様 ネイビー無地 セットアップ》


    飲食店を50店舗以上経営をしてこられた木下様。
    TKO木下さんのお兄様でもあります。

    現在は多くの人の前で講演されることが多く、身嗜みを大切にされているとのこと。

    接客の際にお話を聞いていると、
    自分磨きをされるそのストイックさを感じました。

    私自身も怠ってはいけないなと…(^^;;

    そんな木下様には、
    英国生地にてネイビー無地のセットアップをご提案。

    英国生地のどっしりとした信頼感溢れる1着となりました✨

    これからも活躍されて下さい‼

    インタビュー

  4. T様

    今回のお客様は人材関係の仕事をされているT様。

    ネイビージャケットです。

    就職についてのサポートをマンツーマンでされているとのこと。

    『お客様から信頼されて相談しやすい存在に!』

    という事で今回ジャケットをお仕立てさせていただきました。

    これからも沢山活躍されてください✨

    インタビュー

  5. K様

    最近はタキシードのご依頼が増えてまいりましたのでそちらのご紹介を致します。

    ◆結婚式の新郎様の披露宴や二次会での衣装
    ◆結婚式にご招待された参列用の衣装
    ◆会社の表彰式
    ◆各種パーティーシーン etc....

    など、様々な用途でお召しいただくことが出来ます。

    そしてタキシードは夜の準礼装。
    かっこいい日本の紳士を増やすべく案内していきますね!

    インタビュー

  6. 森 様

    今回のご結婚を控えた新郎様からのご相談でした。

    結婚式のスタートは和装、
    そして、お色直し後スーツのご相談をいただきました。

    打ち合わせを行う事数回。
    式場のイメージや理想のスーツ、新婦様の衣装との調和など色々とお聞かせいただきました。

    『オシャレ且つ華やかっ!」
    と言うことで、
    微光沢が美しいグリーンの生地でのお仕立てを承りました。

    結婚式、レンタル衣装だと、式終わりには当然返却。
    当日の衣装をオーダーいただき、持ち込みで式に臨んでいただけましたので、
    今後も仕事やちょっとしたパーティなんかでお召し頂けると言う事で大変お喜び頂けました。

    この度はご相談を頂きましてありがとうございました!
    そして、ご結婚おめでとうございます

    インタビュー

  7. F様

    今回のお客様は春夏用のスーツを1着欲しい、との事で、
    「GUABELLO(グアベロ)」の軽量生地でお仕立て。

    落ち着きあるネイビーストライプの生地に、
    ・ダブルのジレ
    ・ホワイトシェルボタン
    ・クラシックテイストの小花柄の裏地

    と、 少し遊びを加えた1着です!

    「キチッとしていながらも遊び心を忘れない。」

    そんなF様にピッタリの、
    魅力を引き出す1着となりました^ ^

    インタビュー

  8. H様

    今回のご紹介はソフトフェア開発会社にて会長をされていますH様です。

    人と会う事や人前で話す事が多いという中で、
    「色々とコーディネートが難しいから自分ではいつも無難なものを選ぶんです。」
    との事でご相談を頂きました。

    ありがとうございます^ ^

    そこで、表地からボタン、裏地まで今まで選んだ事のないデザインでご提案。
    「新たな可能性の自分へ」
    というのが今回のテーマでしたね。

    1842年創立、英国の伝統と格式を同居させた高級服地ブランドである、
    『ドーメル』のでお仕立てです。

    くっきり太く入っているストライプのスーツという事で、
    それに合わせるシャツやネクタイのコーディネートもさせて頂きますね!
    ガッチリされた貫禄のあるH様には英国のブリティッシュな生地とシルエットがすごくお似合いでしたよ。
    今後さらなる活躍をされる事を楽しみにしております!

    インタビュー